【Iカップさえちゃん編5】車内は狭くてもパクリ

 

Iカップに完全にマインドコントロールされたおいらはとにかく人気のない暗い場所を探して走った。

 

走る道の雰囲気やエロトークでさえちゃんも察したのかちょっと口数が少なくなってきた。

 

でもあんまり沈黙が続くと警戒、というか雰囲気が固くなるので適度に話しかける。

 

あくまで「明るいエロ雰囲気」でもっていかないとね。

 

 

「いや~素晴らしいね。Iカップ。人生で出会ったことないサイズだよ(本当はあるけど)」

 

「え~面倒なだけですよ?w」

 

 

なんて言いつつも褒められて悪い気はしていないようだ。

 

 

途中で公園を発見。

大きな駐車場もあり、照明もあまりなく雰囲気もばっちり。

ここで停めておっぱいを狙…じゃなくてお話しすることにした。

 

 

「いやー…それにしてもすごいね。Iカップってどんな感触なん?」

 

「…触ってみます?」

 

 

「えっ!いいの!?」

これにはとーきちびっくり。

 

 

「…まあ、触るだけなら」

 

よっしゃあああああああああ!

 

とーきち6000円分の投資を回収!(予定)

 

 

というわけで早速服の中に手を入れる。

「えっ、ダイレクトなんですか!?」

戸惑うさえちゃん。

 

 

とーきちも服の上からだと思ってたけど。

まず雰囲気的に拒否られない自信はあったし、最悪拒否られてもこのくらいの容姿の子ならあきらめもつく。(←最低)

 

 

ブラジャーの上からIカップを揉みしだく。

このサイズになるとブラもすごい存在感…(笑)

 

 

10分ほど触っているとさえちゃんも興奮してきたようで、全くしゃべらなくなってきた。かといって抵抗もしない。

 

 

…これは…いける!(確信)

 

 

ここでとーきちの脳裏によぎったのは3択。

  • このまま車内でおっぱいをもみしだき続ける
  • 車内で最後までやる
  • ホテルに場所を移して最後までやる

 

けど正直とーきち、このレベルに6000円+ホテル代まで出したくない… でも車内は汚したくない…

 

 

というわけで今回はひたすらおっぱい星人になることにしたおいら。

ブラジャーも外してパーカーを上にずらし

・揉む

・舐める

・挟まる(笑)

のフルコース。

 

フルコースを堪能しているうちにムラムラが限界まで達し、ダメ元で口でやってもらえないか言ったところ…OKが。

 

待ってましたと言わんばかりに、速攻でズボンを下ろすおいら、

35歳のおっさん。。。

 

その姿に「ふふっ、かわいい」って笑うさえちゃん。

 

 

いやいや、かわいいのはおいらだけじゃない!おいらのムスコもかわいすぎてごめんなさい!そう心の中で叫けびながらパンツを下ろしてムスコをあらわにする。

 

すると、さえちゃんは無言でおいらのムスコをパクリ。

 

さえちゃんのフェラテクは非常に高度で、

とーきち即、昇天。(早っ!)

 

 

お店でもこのフェラテクはなかなかお目にかかれないっす。

 

行為が終わった後、さえちゃんに今度はホテルデートしようと提案。

 

もうここまで来れば怖いものなし。(笑)

何でも言える。

 

さえちゃんは

「時間があったらね」

と言ってうまくかわした感があったけど、機嫌は悪くなかったから、ひょっとしたらいけるかも。

 

元の複合施設の駐車場にさえちゃんを送り届ける。

「今日はすごい楽しかった!ありがとう!また会おうね」とテンション高めに話すとさえちゃんも「はい、また会いましょう」と言ってくれた。

 

今回6000円でおっぱい揉んで口でしてもらったことと考えるとコスパはよかったと思う。

 

もう少しかわいかったらなあ…

もう少し細かったらなあ…

もう少し…はあ。

 

でも気持ちよかったので良しとするか。

そんなこんなで長野県での初出会いはまずまずの成果。

 

 

   ブログランキングに参加しています。

↓ 応援ポチが今後の執筆の励みになります ↓

 

===== 続く =====

Iカップさえちゃんと出会ったサイト

前回の記事 ⇔ 次回の記事

 

 

 

最新情報をチェックしよう!