【ガチ彼女 ゆっこ編9】待ち合わせは、いつもお腹が痛くなる(;´Д`)

 

 

いよいよやってきました土曜日!

ゆっこさんと約束した日っす!

 

 

楽しみすぎて4時に起きたっす!(子供か!)

 

 

 

天気は快晴!

死ぬほど暑そう!

起きたら汗だく!(笑)

 

多分ベッドに人型の汗染みができてるはず。(笑)

 

 

 

ゆっこさんとの待ち合わせは常滑市の「バロー」ってスーパーの駐車場に9時っす。

昨日ちゃんと下調べしたので道も完璧!

 

 

よしっ!まだ6時!!

 

 

早すぎる。(笑)

 

 

 

テレビを見ながらゆっくりしてからシャワーを浴び、昨日買った服に着替える。

うん、元が元だからかっこよくはならないけどだらしなくは見えないな。

 

 

時間は8時。

そろそろ行きますか。

 

 

 

常滑市はおいらの住んでいる碧南市から車で10~15分くらい。

まだ出るには早いけど何があるかわからんし、トラブルがあっても絶対に女性を待たせないのがおいらのモットーっす!(キリッ)

 

 

 

衣浦トンネルを抜け、半田市を通過して常滑市に。

待ち合わせのバローは大きな駐車場のあるスーパーっす。

着いたときは8時25分。

良い時間。

 

 

 

自販機で冷たいコーヒーを買って、車のクーラーをガンガンかけて待つ。

…なんか変に緊張してきちゃった。

毎回女性と出会うこの瞬間、楽しいような不安なような…

 

 

 

おいらがそわそわしている間に時間は8時45分。

ああああ…お腹痛くなってきた。

トイレ借りたいけどお店、まだやってない…

 

 

 

 

 

と、おいらがあわあわしていると、道路のほうからこちらに向かって歩いてくる一人の女性。

迷いなくこっちに向かってくる。

 

 

え、もう来たの?

 

 

 

30分以上前に来ておいてなんだけど、まだだいぶ早いよ?(笑)

ああああ、お腹の調子が。(笑)

 

 

 

女性は車から10mくらいの所で運転席のおいらに会釈する。

おいらも頭を下げる。

車から降りるおいら。

 

 

とーきち「おはようございます。ゆっこさんですか?」

とおいらが声をかけると彼女は頷いた。

 

 

ゆっこ「お待たせしてすみません。はじめまして!ゆっこです。」

 

 

 

ここで久々のトーキチアイッ!

 

・暗めの茶髪。ほぼ黒に近いナチュラルな感じ(地毛かも)のセミロング。

・デニムスカートにキャミソールみたいなやつの上から長いカーディガン?

・スタイルは可愛いぽっちゃり、って感じ。個人的には太ってはいないと思う

・顔は貫〇谷しほりと水〇麻美アナを足して二で割った感じ。いや、全然悪くない

 

総合得点!

……70点!

 

 

 

うん、なんていうか、美人とかブスとかじゃなくていい意味で「普通」っす。

その辺の町で歩いてるだろなあ…みたいな。

伝わります?(笑)

 

 

体型はポチャでもなく細身でもなく、おそらく全国で一番男性に需要のありそうな「肉付きの良い感じ」。

 

 

顔も全然悪くないし、出会い系の中では当たり(失礼な表現だけど)っす!

 

 

よしっ!

今年の運勢も良さそうだぞ!(意味不明)

 

 

 

とーきち「全然待ってないですよ!自分もさっき来たところです。」

一人称がころころ変わって申し訳ない。

でも実際女性の前だと「自分」「俺」になっちゃうんで…

 

 

「とりあえず暑いんで乗ってください」

おいらが勧めると(本当は自分が暑かった)ゆっこさんは

「おじゃまします」

といって助手席に乗り込んだ。

 

 

[dfads params=’groups=7&limit=1&orderby=random’]

 

===== 続く =====

ガチ彼女ゆっこと出会ったサイト

前回の記事 ⇔ 次回の記事

 

 

最新情報をチェックしよう!