すれ違いマッチングアプリCROSS ME(クロスミー)の評価。本当に出会える?

 

マッチングアプリを利用している多くの人は、実際に異性と出会うことを目的にしています。

 

メッセージでのやり取りを繰り返しながらも、結局のところ出会えるかどうかでアプリの評価が決まってくるのです。

 

ソーシャルゲームで有名なサイバーエージェントが展開するマッチングアプリCROSS ME(クロスミー)は、位置情報システムを導入することで、出会いの確率が高い人と知り合うことができます。

 

今回は、そんなCROSS MEの特徴や使い勝手などをご紹介します。

 

CROSS ME(クロスミー)はコチラ

 

すれ違いから出会いに繋がる

すれ違い

 

CROSS ME(クロスミー)の最大の特徴といえるのが「すれ違いを出会いに変える」ことです。

 

CROSS MEは位置情報システムを導入することで、実際に対面しやすい異性を利用者に紹介してくれます。

 

身近な人と知り合える

 

いくらメッセージでのやり取りで互いの相性が良いと感じられても、たとえば沖縄と北海道に住んでいる人たちが実際に顔を合わせるのは難しいですよね。

 

CROSS ME(クロスミー)ではすれ違い機能を備えており、身近に住んでいる人がアプリ画面に表示されるのです。

 

自分がよく行く場所や、活動の拠点にしているエリアに住んでいる女性と知り合うことができれば、メッセージをやり取りした後食事やデートに誘いやすいですよね。もちろん、それ以上の関係にだって持ち込む事も出来ます。

 

CROSS ME(クロスミー)は位置情報によって互いが活動する場所を知ったうえでメッセージを交換できるので、出会いの瞬間を想定しながら相手とアプリを通じて交流することが可能になります。

 

 

 

位置情報は限定可能

位置情報

 

位置情報を利用していると聞いて、少しヒヤッとした人もいるかもしれません。

自分がよく利用する場所、たとえば自宅や会社の場所がバレてしまうのではという不安を抱くこともあるでしょう。

 

特に女性の場合、そうした個人情報がマッチングアプリを通じて発覚するのを恐れる人も少なくありません。

 

しかしCROSS ME(クロスミー)では、すれ違い機能に反映させないエリアを事前に指定できるので、そういった心配は必要ありません。

 

自宅や会社など、他の人には知られたくないエリアを除外したうえで、よく遊びに行く場所だけをすれ違いのスポットに指定できます。

 

また、エリアだけでなく時間帯をオフにすることができる点も、CROSS MEのすれ違い機能の特徴です。

 

通勤や帰宅している時間帯を知られたくないのであれば、その時間帯だけすれ違い機能をオフにしたうえで日常生活を送ることができます。

 

個人情報の流出に最大限配慮している点が、CROSS ME(クロスミー)が女性でも気軽に利用できるポイントです。

 

女性が利用しやすいということは、その分男性にとっても出会いの対象が増えるわけですから、すれ違いをオフにする機能は男女両方にとってプラスなのです。

 

サクラや業者が紛れにくい

 

CROSS ME(クロスミー)は2016年にサービスが開始された比較的新しいマッチングアプリです。

 

利用している年齢層を見てみると、男女ともに10代から20代で6割以上を占めていますので、この年代の人は積極的に利用して良いマッチングアプリだと思います。

 

では、30代になると出会えないのかというとそうではありません。

実際、30代後半の中年おっさんの私でも出会うことは出来ましたし、若い世代のCROSS ME(クロスミー)ユーザーは、年上の社会人男性を狙っている子が多いなと感じました。

 

なので、若い世代と出会いたいという人にとってCROSS MEは最適なアプリといえるでしょう。

 

また、サクラや業者が紛れにくいステムが備わっているのも、若い世代が使いやすいと感じている理由の一つです。

 

1カ月ごとの定額制

 

出会い系でよく見られる業者やサクラは、メッセージのやり取りを多くしたうえで、主に男性にポイントを消費させようとする傾向にあります。

 

しかしCROSS ME(クロスミー)はメッセージ機能の料金は月額で決まっていますから、利用すればするほどお金がかかる従来型の出会い系とは異なり、業者やサクラにとって旨味があるシステムとはいえないのです。

 

こういった環境ではサクラや業者は生まれにくく、純粋に出会いを求める男女が交流する場として利用されています。

 

サイバーエージェントによる徹底管理

監視

 

運営会社であるサイバーエージェント24時間の監視体制を敷いているのも、CROSS MEで健全な出会いを求める利用者にとっては心強い点です。

 

サイバーエージェントと言えば、ソーシャルゲームやAbemaTVなどを運営する東証1部上場の超大手企業ですので、誰もが1度は耳にしたことがある会社でしょう。

 

そんな1流の会社がしっかりとした監視体制で運営しているのなら安心して利用できますよね?

 

 

また、SNSと連動するシステムを導入していますが、女性に「いいね」を送ったことがSNSに表示されることはありません。

 

マッチングアプリを利用していることを他の人に知られたくない人にとっても、CROSS MEは使いやすいのです。

 

怪しいユーザーの見分け方

 

ただし、どれだけ規制を設けてもマッチングアプリでは怪しい輩が湧いて出てきます。

 

CROSS ME(クロスミー)で見られる不審なユーザーは、本来の目的である異性との出会いではなく、悪質なウェブサイトや団体への勧誘などを目的にしています。

 

最近では、実際に会った女性がぼったくりバーへ誘導するという違法な客引き行為があるようです。

 

こうしたユーザーを見分けるには、以下の点に注意しましょう。

 

プロフィールのスペックがあまりにも高すぎたり、自己紹介の内容に熱意が感じられない人には要注意です。

 

また、プロフィール写真や自己紹介文でアダルトな一面を強調して異性を惹きつけようとするユーザーや、すぐにCROSS ME以外の連絡先を交換しようとせがんでくる人も、出会い以外の目的を持っている可能性があるのでご注意ください。

 

 

CROSS MEの始め方

 

CROSS ME(クロスミー)を実際に使ってみようと思っている人は、まず自分に関する情報を入力することから始まります。

 

プロフィール写真

 

最初に設定するのがプロフィール写真です。

 

プロフィール写真はメインとなる画像が1枚と、サブ写真を複数登録することが可能です。

 

メインとなる写真1枚だけで済ませるよりは、様々な表情やシチュエーションの写真を掲載しておく方が、異性の印象に残りやすいのでお試しください。

 

https://net-deaibu.com/archives/1490

 

自己情報の登録

 

プロフ写真設定後は自分のプロフィール入力をします。

 

プロフィール画像と共に添えられるひとことや、自分がよく訪れる場所を示すおすすめスポット、趣味のカテゴリや自己紹介文といった内容です。

 

趣味については、異性との話を盛り上げるために複数登録しておくことをおすすめします。

 

自己紹介文は200文字までとなっています。

 

https://net-deaibu.com/archives/1609

 

 

これらの入力を終えたら、基本情報を入力することになります。

 

ニックネームや年齢、慎重に血液型、出身地に学歴といった基本的なものから、休日の過ごし方や同居人、お酒やタバコを嗜むのかといった項目が用意されています。

 

最後に趣味やマイブーム、好きなスポーツといった情報を登録すれば、自分に関する情報の入力は終了です。

 

すれ違いと検索機能

 

CROSS MEで異性と繋がる方法は、「いいね」を送って「ありがとう」を返してもらい、マッチングが成功してからメッセージをやり取りするといったマッチングアプリでよく見られる方式です。

 

ただしCROSS MEはすれ違い機能によって、自分が設定したエリアをすれ違いスポットとして登録している異性を優先してチェックすることができます。

 

これ以外にも、プロフィールに登録した情報をもとに条件を絞り込み、検索をかけることで自分に合った異性を探し出すことが可能です。

 

マッチングしてから課金

課金

 

CROSS MEはマッチングまでの流れを無料で行うことができます。

そこから先のメッセージのやり取りについては有料会員限定の機能です。

 

つまりマッチングが成功してからお金を払うといったことが可能なのです。

 

CROSS MEで異性と繋がれるか不安という人は、まずは無料で利用してみるのも良いでしょう。

 

まとめ

まとめ

 

CROSS ME(クロスミー)は位置情報機能を導入することで、自分が設定したエリアで活動する異性と出会う確率が高くなっているのが特徴のマッチングアプリです、

 

若い世代が多く利用していますので、マッチングアプリを使ったことがないという若い世代の人にもおすすめできるアプリといえます。

 

CROSS ME(クロスミー)はコチラ

 

 

 

最新情報をチェックしよう!